水虫は早めの治療を!

水虫をほったらかしにしておくと、悪化して炎症を起こしたり慢性化してしまうので、早めの治療が大切です。かゆみが出て水虫かも、と思ったらすぐにでも治療を始めましょう。

水虫の症状と原因

水虫はカビの種類である白癬菌が皮膚の表面上にある角質に寄生して起こる病気です。白癬菌は角質にあるタンパク質の1つであるケラチンを栄養にしています。角質がある所であれば白癬菌が寄生して繁殖します。白癬菌はヒトだけでなく動物にも生息しており動物からヒトに感染することがあり、身近なイヌやネコなどから白癬菌が感染することがあります。また、プールや公衆浴場等の多数の人が出入りする場所でも感染することがあります。白癬菌が寄生している角質が剥がれ落ちて、落ちた白癬菌が他の人に寄生して繁殖していきます。白癬菌はカビなので湿度や温度が高い場所を好みます。靴をはいている足は白癬菌にとって好条件の場所です。水虫は、白癬菌が足に症状が出ると足白癬、股の部分ではといんきんたむし、手は手の水虫、頭はしらくも、体はぜにたむしとそれぞれ出る場所によって呼び名が変わります。足白癬は更に小水疱型と趾間型、角質増殖型、爪白癬に分かれます。小水疱型は足の裏等に小さな水疱が集まってでき、水疱の数が増えると痒みが増していきます。趾間型は痒みがあり、足の指と指の間が赤くただれたようになったり、皮膚が剥がれたりします。角質増殖型が足の裏全体が白くなってガサガサになり、冬にはひび割れたようになりますが、痒みはありません。爪白癬は爪に白癬菌が繁殖しておこります。爪の色が白や黄色に濁り、分厚くなったり爪がボロボロと崩れたりします。爪の表面に縦筋が何本も入る事があります。いんきんたむしは小さな発疹の集まりが出来て盛り上がったようになります。悪化すると水ぶくれとなり痒くなります。手の水虫は小さな発疹が幾つも出来ます。しらくもは髪の毛に白癬菌が寄生して症状がでます。細かくて白いフケの様なものがでて髪の毛が抜けていきます。ぜにたむしは、体に銭の様な形の赤い輪ができます。気付かずにいると体中に広がっていきます。

<おすすめ水虫治療薬>
ニゾラールクリーム